【ディール急襲】 第2部5章interval09 〜蠢動〜

CROSS ROAD ディール急襲 第2部5章 interval09 〜蠢動〜
( 前頁 / TOP )


 
 
 窓辺で酌み交わす四人の客が、眉をひそめて店の奥を盗み見た。
 迷惑そうな面持ちは、店主や店員も同様だ。だが、強くは言えない事情がある。
 商都から南に下ったベルリアの町、場末の酒場の片隅である。卓上ランプの灯かりゆらめく、暗がりに沈んだ奥の席を、与太者風の輩が陣取っていた。
 酒の入った集団は、土足の足を卓になげ、大声をあげて喚いている。そのすさんだ風体は、明らかに堅気のそれではない。
 その中に一人、風体の異なる男がいた。夏だというのに、ごつい編み上げ靴を履き、座席の横には革の上着。飄々とにやけた風貌の、四十手前の壮年の男だ。
 眉をひそめ、ひそひそ陰口をきいていた四人の客は、やがて、そそくさ席を立ち、「親父、勘定」と店の主を呼びつけた。
 舌打ちで敷居をまたぎつつ、肩越しに眉をひそめる。
「あれ、奥の奴、知ってるぜ。海賊あがりのジャイルズだろ? あのレーヌのゴロツキの」
 
 レーヌから呼び寄せた手下を前に、一味の頭目ジャイルズは上機嫌だった。
「さあ、お前ら、どんどん飲め! 今日は俺の生還祝いだ!」
 杯を振りまわし、向かいの肩を笑って叩く。
「殊勲者はこの男だ。あの生き地獄の修羅場から、俺を引きずり出してくれたんだからな。あんたのお陰で命拾いしたぜ。だが、俺はどうにも解せねえんだよなあ」
 一転、鋭く目を向ける。
「あんた、なぜ、俺を助けた。え? カルロさんよ」
 カルロは動じたふうもなく、平然と煙草に火を点けた。「なに、ほんの人助けって奴さ。ああいうのを見ると、職業柄ほっとけなくてな。いつも怪我人の世話をしているもんでね」
 座席の背もたれに寄りかかり、ふう、と天井に一服する。
「あの坊やに睨まれたら、まずは誰も生き残れねえよ。そいつはあんたにも分かったろ。キレたが最後、手がつけられない」
「だが、殺られたのは、あんたの仲間だろうが。それが、なんで、俺に手を貸す?」
 カルロは苦笑いで手をあげた。
「確かに、あれはやりすぎだ。正直、俺も頭にきたぜ。仲間を血祭りにあげたってんだからな。だが、まあ、あんたらは、まだ運が良かったというべきかね」
「──そいつは一体どういう意味だ」
「奴の弔い合戦をしようなんて物好きは、うちの隊にはいねえ、、、ってことさ」
 いささか投げやりにそう言って、向かいのジャイルズに目を据える。
「仮に、あれが別の奴なら──仲間の一人でも殺っちまえば、本隊に喧嘩を売ったも同然だ。そんなことをした日には、誰も生きては帰れない。なにせ、うちの連中は、軍隊を相手に殺し合いをするのが商売だ」
 一同は戸惑ったように息を飲み、密かに顔を見合わせた。
 その中でただ一人、ジャイルズは背もたれに寄りかかり、じっと話を聞いている。向かいを、うかがうようにすがめ見た。「まあ、あんたには感謝する。だが、だったら尚更、仲間を裏切ったのは、まずかったんじゃねえのかよ」
「うまくやるさ。ドジは踏まない。そうでなければ逃がしはしねえよ」
「目的はなんだよ。だから恩を売ったんだろう?」
「何も。ま、その内、何かで返してもらうさ」
 カルロは肩をすくめて灰を落とし、改めて向かいに目をあげる。
「そんなことより、こうして飲むのも何かの縁だ。あんたにうってつけのネタがあるんだがな」
 手下に囲まれたジャイルズが、胡散臭げに目をすがめる。カルロはおもむろに目を向けた。
「不死身の体って奴、欲しくはないか?」
「──ほう」
 ジャイルズが興味を示して乗り出した。「そいつは一体どういう話だ?」
 カルロは笑い、椅子の背もたれに寄りかかる。
「人魚の肉ってのを知っているか? そいつを食うと不死身になる。シャンバールじゃ有名な話だ。もっとも、今は絶滅したって話だがな」
「──なんだ。それじゃ、どうにもなりゃしねえじゃねえかよ」
「ところが、あるんだよな。似たようなのが。それも、すぐ手の届く所に、、、、、、、、よ」
 ふっ、と天井に紫煙を吐いて、向かいの頭目を一瞥する。
「うちの隊長だ」
 ジャイルズは顔をしかめた。
「隊長って、あの小生意気な優男かよ。だが、あれもお仲間だろうによ」
 解せない顔のジャイルズに、カルロは軽く肩をすくめる。「あの兄ちゃんには、ちょっとばかり恨みがあってね」
「へえ。何があった」
「別に大したことじゃない。うちの頭(かしら)が食われた、、、、のさ」
 聞き耳を立てていたジャイルズは、戸惑い顔で面食らった。
 辺りを憚るように視線をめぐらせ、ずい、とカルロは膝を進める。
「ここだけの話、あの優男は化け物だ。俺は商売柄、色んな怪我人を見てきたが、そいつにだけは包帯を巻いたことがねえ。いや、なにも、そいつが怪我しなかった、なんてオチじゃあない。数こそ、そう多くはないが、そりゃあ、たまには怪我もする。なにせ、仕事場は戦場だからな。誰も無傷なんかじゃ、いられねえのさ。だが、なぜか、あの兄ちゃんは、いつだって、すぐに治っちまうんだよ。そう、あっという間に、、、、、、、な」
 含みをもたせた視線を送る。
 意図を察して、ジャイルズが肩を乗り出した。「なら、食ったってことか、人魚の肉を」
「かもな」
「そいつを倒して肉を食らえば、不死身の体が手に入るんだな?」
「ま、なにがしか効くのは道理だろうな」
 カルロは背もたれに身を投げた。「なんでも、食うなら、心臓近く、、、、が効くらしいぜ?」
「だが、そんなにいい話なら、どうして、あんたが試さない?」
 不審の視線で、ジャイルズはうかがう。カルロはいかにもおかしげに笑い、降参するように両手をあげた。
「あの兄ちゃんは、俺なんかの手には余るさ。だが、あんたなら、と思ってな。大体、俺はもう年だし、不死身の体なんざ必要ない。手に入れたところで持て余すのがオチだ。言わなかったか? 俺の管轄は衛生班だって。ああ、衛生班ってのは後方支援で、前線の兵隊じゃねえんだよな。──ま、信用するもしないも、そっちの勝手だ。ただの酒の肴だからな」
「いや、のった」
 ジャイルズが遮り、腕を組んだ。
「不死身の体──面白そうじゃねえか」
 膝で紫煙をくゆらせながら、へえ? とカルロは、目を細めて眺めやる。気のない素振りで首をまわした。
「だが、奴を仕留めるのは、まず無理だ。おびき出しても、十中八九逃げられる。なにせ、段違いに速ええからな」
「なら、どうする」
「だが、幸いなことに、どんな奴にも弱点ってのはあるんだよな」
 ちら、と思わせぶりに目を向ける。「それさえ押さえちまえば、こっちのもんだ。いかな戦神といえども、手も足も出なくなる」
「で、その弱点ってのは!」
 ジャイルズが焦れて舌打ちした。
「気をもたせねえで教えろよ!」
 困った顔で、カルロは微笑った。「なあんだ。わかんねえのかよ。あんたらも、よぉく知ってんだろうが」
 怪訝そうに眉をしかめて、ジャイルズは思案をめぐらせる。
「いつも、奴の近くにいるだろ?」
 はっと合点して、カルロを見た。
「わかったようだな。そう、そうだよ。そいつ、、、だよ」
 カルロは首肯して目をすがめ、声をひそめて身を乗り出す。
「そうすりゃ、あんたが欲しいお宝も一石二鳥で手に入る。そうだ。まずは、標的は──」
 にやり、と口の端を引きあげた。
「こまっしゃくれた、あの、、アマだ」
 
 

*2013.8.17 第2部 了
 
 
( 前頁TOP  )
 
 
 
☆ 拍手する ☆
 
 
☆ あとがき を読む
 
 
 
 
 ☆ ネット小説のランキング に参加しています ☆
気に入っていただけましたら、クリックで応援してくださいませ!
ネット小説ランキング 創作ファンタジーリンク
 
 
☆ アンケート やってます! ☆
 お暇な時にでも、ご協力くださいませ (*^^*)


オリジナル小説サイト 《 極楽鳥の夢 》