アクセス解析
カウンター
クリスマスの夜に





『 クリスマスのよるに 』
 ひらがなで、よむぞ


クリスマスの夜に 

 
 
 
 おじいさんのお庭には、大きな木がありました。
 葉を青々と茂らせた、とても大きな立派な木。冬になっても枯れません。
 たんせいこめて手入れをした木が、おじいさんは、たいそう、ご自慢でした。クリスマスになると、この木も、キラキラの星や、ピカピカのモールを、たくさん飾って、おめかしします。電球もピカピカ点くのです。
 お庭に生えた、大きな大きなクリスマス・ツリー。ご近所さんや、野良猫や、みんなが、にこにこやってきます。みんな、おじいさんの作るクリスマス・ツリーを、それはそれは楽しみにしていました。
 だから、おじいさんは、かわいい庭の木をなでながら、はりきって飾りつけをするのです。
 
 今年も、もうすぐ、クリスマスです。
 おじいさんは、はりきって飾りつけをします。クリスマスには、孫のまおくんが、おうちをたずねてくるのです。きれいに飾った庭のツリーを見て、まおくんは、いつも、こう言います。
「わあ、とっても、きれいだね」
 おじいさんは、まおくんの笑顔が大好きです。
 
 クリスマスまで、あと一週間。
 おじいさんは、がんばって、庭のツリーの飾りつけをします。
 金のモールを手に持って、木の周りをぐるぐる回って、一周、二週、三週……。ピカピカ光るまん丸ボールをいくつもたくさん枝から吊るし、星やサンタも枝から吊るし、はしごに登って、大きく高いてっぺんに、金の星を、ぽい、とつけたら完成です。
 すっかり、きれいに、おめかしが済んで、庭のツリーは、誇らしげです。すみきった青空に、赤と緑のデコレーションが、すがすがしくそよいでいます。
 クリスマスまでに、雨が降るかもしれません、そういうテレビの天気予報だけが、おじいさんの一番のなやみの種です。
 ご自慢のツリーが完成すると、買い物帰りのご近所さんが、おじいさんの庭を通りかかりました。
「まあ、きれい!」
 ころころ太った、おばさんです。ネギがニョッキリ、買い物かごから、はみ出ています。
 おばさんは、「まあまあまあ」と大きなツリーをにこにこ見上げて、おうちに帰っていきました。
 次に通りかかった人も、又、その次に通りかかった人も、ツリーを見ると、にっこりして、みんな、おじいさんをほめてくれます。
 だから、おじいさんも、にこにこデレデレ。それはそれは、じょうきげん。
 
 
 今日も、おじいさんは庭に出て、ご自慢のツリーを見上げていました。
 すると、向かいの森から、野うさぎが一匹やってきます。小さな肩を、はあ、と落として、野うさぎは、おじいさんに言いました。
「寒くて寒くて死にそうだよ」
 どうやら、こごえているようです。
 冬の空気は凍てついて、木枯らしがピューピュー吹いています。けれど、おうちのない動物たちは、外で夜を越さなければなりません。
 野うさぎは、花だんの隅っこに、じっと、うずくまってしまいました。
「それは、きのどくに」
 おじいさんは、かわいそうになりました。
 大きなツリーから、金のモールを取り外し、野ウサギに渡してやりました。
 長いひげをヒクヒクさせて、野うさぎは、おじいさんを見上げます。
「もらって、いいの?」
 おじいさんは、にっこり笑って言いました。
「いいさ、もってけ」
「ありがとう」
 しわしわに乾いたその手から、金のモールを受け取ると、野うさぎは、前歯でモールを引きずって、森に帰って行きました。
 
 
 モールは、なくなってしまったけれど、ツリーは、まだまだ、きれいです。
 今日も、おじいさんは庭に出て、ご自慢のツリーを見上げていました。
 すると、森のネズミが、とぼとぼ、こちらに歩いてきます。小さな肩を、はあ、と落として、ネズミは、おじいさんに言いました。
「クリスマスなのに、子供に、なにもしてやれないよ」
「それは、きのどくに」
 おじいさんは、かわいそうになりました。
 大きなツリーから、サンタや星を取り外し、ネズミに渡してやりました。
 まん丸の目を、もっとまん丸く見開いて、ネズミは、おじいさんを見上げます。
「もらって、いいの?」
 おじいさんは、にっこり笑って言いました。
「いいさ、もってけ」
「ありがとう」
 ネズミの家族は、大家族です。森からやって来たネズミの家族が、ツリーの前に一列にずらりと並びます。みんな、長いしっぽをウキウキ振って、自分の順番がやってくるのを、お行儀良く待っています。
 おじいさんは、サンタや星をはずします。
 しわしわに乾いたその手から、サンタや星を受け取ると、みんな、大喜びで森に帰って行きました。
 
 
 モールと飾りは、なくなってしまったけれど、ツリーは、まだまだ、きれいです。
 今日も、おじいさんは庭に出て、ご自慢のツリーを見上げていました。
 すると、町の子供が、とぼとぼ、こちらに歩いてきます。小さな肩を、はあ、と落として、子供は、おじいさんに言いました。
「クリスマスなのに、なにも買ってもらえないよ」
「それは、きのどくに」
 おじいさんは、かわいそうになりました。
 大きなツリーから、ピカピカ・ボールを取り外し、子供に渡してやりました。
 きょとん、と目をまばたいて、子供は、おじいさんを見上げます。
「もらって、いいの?」
 おじいさんは、にっこり笑って言いました。
「いいさ、もってけ」
「ありがとう」
 そう言うと、子供は、仲間に召集をかけました。話を聞いた子供たちが、急いで、ばらばら集まってきます。
 あんまりたくさんの子供がいるので、おじいさんは、ちょっと困ってしまいました。みんなにあげてしまったら、最後に残ったをピカピカ・ボールもなくなって、ご自慢のツリーではなくなってしまいます。
 けれど、ほっぺを真っ赤にした子供たちは、わくわく、おじいさんを見上げています。
 おじいさんは、にっこり笑って言いました。
「いいさ、もってけ」
 おじいさんは、ピカピカ・ボールをはずします。
 しわしわに乾いたその手から、ピカピカ・ボールを受け取ると、みんな、大喜びで、おうちに帰って行きました。
 
 
 そうして日々は過ぎ去って、とうとう、クリスマスの日になりました。
 すっかり丸裸になってしまった庭のツリーの木を見上げ、おじいさんは、ためいきをつきました。
 今日は、クリスマス・イブ。そろそろ、まおくんがやってきます。大きな大きな大きなツリーを、まおくんは、楽しみにしているのです。
 けれど、飾りは、みんな、あげてしまったので、ご自慢のツリーには、木のとんがったてっぺんに、金の星の飾りが一コ、斜めにかたむいて、引っかかっているだけです。だから、庭のツリーは、なにもない、ただの木でしかありません。まおくんは、どんなにがっかりするでしょう。
 夜になり、風が冷たくなってきました。
 庭も、シンシン冷えてきます。
 おじいさんは、はあ、と、ためいきをついて、テラスから、おうちに入りました。
 ゆり椅子に揺られて小さくなって、おじいさんは、しょんぼりしています。おばあさんが心配して、顔をのぞきこんだりするのですが、おじいさんは、元気なく、ゆるゆる首を振るばかり。
 やがて、玄関のチャイムが、ピンポン、と軽やかに鳴りました。ああ、きっと、まおくんです。
 スリッパの底をぱたぱた鳴らして、おばあさんが玄関に向かいます。お料理の準備もすっかり済んで、おばあさんは、にこにこ笑顔です。重たい心を引きずって、おじいさんも玄関に向かいます。
 おばあさんにせかされて、厚くて茶色い木のドアを開けると、そこには、やっぱり、まおくんが、にこにこ笑って立っていました。
「メリー・クリスマス。おじいちゃん、おばあちゃん」
「メリー・クリスマス。まおくん」
 外は、とても寒いのでしょう。まおくんは、ほっぺをまっ赤にしています。
 運動靴を急いで脱ぐと、まおくんは、お行儀悪く廊下を走って、お部屋のテラスに直行しました。早くお庭のツリーを見たいのです。
 ぶ厚く閉まったカーテンを、両手で勢い良く引き開けます。
 おじいさんは、うなだれました。あのみすぼらしいツリーを見たら、どんなにがっかりするでしょう。
 けれど、
「わあ、すごいや」
 まおくんが、瞳を輝かせて振り向きました。
 いったい、どうしたというのでしょう。今年の庭には、ただの大きな木しか、ないはずです。おじいさんは、パチパチ目をしばたいて、まおくんが指差す方向に、不思議そうに目を向けました。そこには──
 お庭の木のてっぺんに、金の星の飾りが一コ、斜めにかたむいて、引っかかっていました。ぼうすい形の緑の枝に、雪が真綿のように降り積もっています。
 裸になった庭の木は、ふんわり真っ白な雪化粧をして、普段のツリーなどよりもっと、ずっと誇らしげに見えました。
「すごい、きれいだねえ、おじいちゃん」
 おじいさんは、笑顔になりました。
 暖かい部屋の中から、庭の誇らしげなツリーを眺めて、まおくんと、にっこり、お互いの顔を見合わせます。
 暗い天から降ってくる、それは、極上のプレゼント。
 
 金モールをもらった野ウサギは、キラキラ・モールを体に巻きつけ、
 子だくさんのネズミの家族は、サンタや星でガヤガヤ遊び、
 ピカピカ・ボールをもらった子供は、テレビの上に飾ってながめて、
 みんなが笑顔になりました。
 
 しんしん雪が降り積もる、聖なる奇跡のクリスマスの夜に。
 
 
 


〜 クリスマスの夜に 〜
 
 
☆ 拍手する ☆
 
 

☆ ご感想 など、ありましたら、どうぞ!

お名前 


Powered by FormMailer.

 
 
 
このお話は、ネット小説のランキング に参加しています。   .
気に入っていただけましたら、クリックで応援してくださいませ。


 

 
 
( 童話館【ぐるぐるの森】 に もどる )
 
 


短編小説サイト 《 セカイのカタチ 》 / 童話館 《 ぐるぐるの森 》