ディール急襲 第1部 エピローグ

CROSS ROAD ディール急襲 第1部 エピローグ
( 前頁 / TOP / Episode.0 )


 
 
 男は、歌を口ずさんでいた。
 薄い唇が紡ぎだすのは、誰もが知る、誕生の歌。
 悪びれた様子もなく、墓石に腰をかけている。だが、墓荒らしや浮浪者の類に見えないのは、男の着崩した黒い上下が高価な品ゆえかも知れないし、他人を寄せつけぬ眼光が、社会的な弱者のそれとは一線を画すせいかも知れない。
 肩にかかる赤い髪。
 赤みを帯びた褐色の瞳。グラスの手を持ちあげて、墓石に置いた揃いのグラスと、カチリと軽く縁を合わせる。
「なあ、アデレート」
 白い墓石を指でなぞって、赤髪は目を細める。
「天パーを殺ったら、お前、怒るか?」
 午後の陽をはじく墓石の上で、純白の供花がそよいでいた。
 赤い髪のその男は、花束の横に腰をかけ、墓石に後ろ手を付いている。
 白い供花にかけられた赤リボンの先端が、午後の風に揺れている。
 
「墓場で酒盛りとは、不遜だな」
 墓碑をながめていた赤髪が、ふっと頬に笑みを浮かべた。
 少し手前で立ち止まり、クロイツは視線を巡らせる。
 商都の繁華街から少し離れた、街はずれの丘だった。白い墓石が見渡すかぎり広がっている。
 墓標の上で酒瓶が、黒く夏日をはじいていた。物資の集まる商都でさえも、入手の難しい最高級酒 《 ロイヤル・ブラック 》 そして、そのかたわらには、そろいの高価なワイングラスが二つ。
「誰かいたのか」
「いや、誰も」
「何をしている」
「パーティーをね。バースデイの」
「誰の」
「……さあてな」
 墓石に置かれた片方のグラスは、手付かずだ。西に傾いた午後の陽に、グラスの琥珀が揺れている。
「祝杯をあげていた相手は、地面の下というわけか」
「当たり。さすがクロイツ、鋭いな」
 赤髪は愉しそうに苦笑する。
「誰の墓だ。見たところ古い物ではなさそうだが」
 まだ精々一、二年といったところか。だらけた姿勢で後ろ手をつき、赤髪は気だるげに、連れを仰ぐ。「これか。これはな──」
 企むように、その目を細めた。
「俺が殺した女の墓」
「──カシムの娘か」
 クロイツは憮然と眉をひそめた。「やはり気が変わったか。見逃がす話になっていたろう」
「……あー、あのガキのこと、な」
 赤髪は瓶を片手で取りあげ、手酌でかったるそうに酒を注ぐ。「たく。タレ込みやがったお陰で散々だぜ。以降、迂闊に動けやしねえ。成りはガキでも、カエルの子はカエルだな。さすが軍師の娘ってとこか」
「お前──」
「勘違いするな。そんなまどろこしい真似、誰がするかよ。殺る気があるなら、その場できっちり仕留めている。そもそも、あれはシャンバールのガキじゃねえかよ。なんでわざわざ、ここまで持ってくる必要がある」
「だったら教えろ。カシムの娘は今どこに」
「さあ、知らねえ。ガキになんか興味ねえもん」
「それなら、これは誰の墓だ」
 赤髪は目を細めた。
 無言でグラスを舐めている。
 クロイツはしげしげと墓を眺め、ふと、思い当って顔をあげた。
「"人形" の墓か」
 後ろ手をついて赤髪は、薄く笑って仰ぎやったままだ。
 墓地の梢が、ざわめいた。
 クロイツは怪訝に連れを眺める。この男にも、死者を悼む気持ちがあったのだろうか。
 酒は一本空いたきり。
 赤髪はひっそりと、一人で静かに飲んでいる。いつものように、質悪く引っ張りこむでも、浮かれるでもなく。
 また少し、雰囲気が変わったようだ。 
 上着を探り、クロイツは煙草を一本くわえる。よく喋る赤髪が、口をきかないので手持ち無沙汰だ。
 向かい風から炎を囲い、煙草の先に点火した。「──それで最期は。酷かったのか」
「"苦しんだ" なんて生易しい代物じゃねえな、あれは」
 くっ、と喉を鳴らして、赤髪は笑う。クロイツは一服して目を向ける。
「やはり、俺がケリをつけるべきだった。お前の手にかかるより、それなら少しは楽だったろう」
「要らぬお世話だ」
 憮然と赤髪は吐き捨てた。
「言ったろクロイツ。こいつは誰にもやらねえよ」
「それで "人形"の墓参りに付き合わせる為に、わざわざ、こんな所に呼び出したのか」
 赤髪は溜息まじりに一瞥し、グラスの手で西をさす。
「見ろよ、そこ。よく見える」
 クロイツは鳶色の目を向けた。なるほど、小高い丘は見晴らしがいい。
「見物にはうってつけ、という訳か」
「そ」
 高く巡らせた街門の外で、軍服の一団がひしめいていた。
 鮮やかな青と白、カレリアの国軍だ。トラビアに向け、出陣準備を整えているらしい。
 クロイツは無感慨にそれをながめる。「やっと、素直に動き出したか」
アレ・・で奴らにも分かったろう」
 薄い唇で、赤髪も笑う。
どう動くべきなのか・・・・・・・・・
 クロイツは身じろぎ、灰を落とした。
「しかし、あのクレストの領主が、まさか、ああ動くとは。子供をかばって捕まったとか」
「──ガキをね。問題外だぜ、あの野郎。何を血迷ったんだか知らないが。それにしたって、あいつはそんなに、イイ奴じゃなかったはずだがな」
 くれ、という仕草をし、赤髪が手を伸ばした。
 煙草とマッチを、クロイツは胸元へ放ってやる。
「迷惑な足枷だな。あの領主は」
「そいつはどうだか」
 赤髪は煙草に火を点けて、煙たそうな顔でマッチを振る。どこか愉しそうに、くつくつ笑った。
「むしろ渡りに船だろうぜ、アレにしてみりゃ。上手い具合に、向こうにいる」
「 "アレ" というのは、ラトキエの当主、クレイグのことか?」
「──いや。倅の方。跡取りのアルベール」
「アルベール?」
「そ、アルベール。クレイグなんざ使い物にはならねえよ。棺桶に片足突っ込んだも同然だ。人間ああなっちまっちゃお終いだぜ」
「だが、接点がないだろう。クレストの方は、就任して間もないが」
「奴には恨みがあるからな、色々と」
 含みを持たせて、赤髪は笑う。
「さてと、時間だ」
 手付かずのグラスを一気に煽り、赤髪は膝に手を置き、立ちあがる。
 クロイツは静かに目を向けた。
「いよいよだな」
「ああ、いよいよだ。逃げ道は塞いでおかねえと。この騒乱のどさくさに紛れて、ネズミにズラかられちゃ意味ねえからな」
「隣国を牽制する必要もある。国情不安は又とない好機だ」
「邪魔立てなんざ、させやしねえよ。飛びっ切りの出し物だからな。ここが、こっちは正念場だ」
 ズボンの隠しに手を突っ込み、赤髪は夕刻の丘に立つ。
 色鮮やかな隊列が、道の果てまで続いていた。西に向かう国軍の部隊が。
 くわえ煙草で薄く嘲笑い、赤髪は目を眇める。
「精々上手く踊ってもらおう。小生意気なディールの最期、とくとこの目で見届けてやるぜ」
 顎先で、西の彼方をさした。
「さてと、パーティーを始めるとするか」
 
 
 

*2005.11.9 第一部 了
 
 
 
( 前頁 / TOP / Episode.0 )  web拍手

 
 
☆ 拍手する ☆
 
 
 
 ☆ ネット小説のランキング に参加しています ☆
気に入っていただけましたら、クリックで応援してくださいませ!
 ネット小説ランキング  創作ファンタジーリンク


オリジナル小説サイト 《 極楽鳥の夢 》