CROSS ROAD ディール急襲 2部 interval 〜密談 〜
( 前頁 / TOP / 次頁 )


 
 
 日暮れた旅宿の灯りの陰に、男が二人たたずんでいた。
 ランプのゆれる丸卓に一人。肩でもたれた窓辺から、階下の街路をながめる一人。
 丸卓で優美に足を組む、絹のシャツをまとった男が、揶揄まじりの視線を窓辺へ向けた。
「それで、どうだ。例の首尾は」
「──いけねえな。どうにも守りが固くてよ」
 窓辺の男は苦虫かみつぶして首を振り、投げやりな仕草で顔をしかめる。その容貌は、ランプの灯かりの届かない、隅の暗がりに沈んでいる。
「さっそく勘付きやがったようで、しじゅう標的まとに張りついていやがる。ま、一筋縄じゃいかねえことだけは確かだな」
「手強いか?」
「手強いね」
 間髪を容れずに鋭く返し、窓辺の男は口ひげをしごく。
 琥珀のグラスを灯火で揺らして、丸卓の男が苦笑いした。
「お前が弱音を吐くとはな」
 その手のグラスが卓に置かれ、しなやかな指が天板を叩く。「音に聞こえたお前の腕を、よもや、そうまで煩わせるとは。俺の息子は優秀だな」
「笑い事じゃねえだろ、代理」
 窓辺の"口ひげ"が憮然と睨んだ。
「あんた、本当にわかっているか? まかり間違ってバレてみろ。こっちの首が危ういぜ」
「その時は、あいつに取り成してやるさ」
 どことなく愉しげな風情で、丸卓の"代理"は、事もなげに微笑う。
「なぜ、じかに命じない」
 たまりかねた面持ちで、"口ひげ"が"代理"を振り向いた。
「ひとこと言や済む話だろう。まして在り処は、すぐそこだ。手をこまねいているなんざ、あんたらしくもない」
「あいつが素直に聞くと思うか? この俺の言うことを」
 "代理" は苦笑いでグラスを弾く。「あの・・一件については聞いているか」
「──ああ。まったく、どんな茶番だ」
「あいつのお陰で散々だ。余計な真似をしてくれたばかりに、後始末やら調整やらで、どれだけ手間が増えたことか」
「そう言うわりには、さほどこたえたふうでもないがな」
「そりゃ、かわいいせがれのすることだ」
「──ああ、あんたも親馬鹿ってクチかよ」
 "口ひげ"はやれやれと腕を組み、呆れはてた視線を向ける。「言っておくが、あんたの倅は、そう可愛げのある代物でもねえぞ。本当にあんた、わかっているんだろうな。下手すりゃ、こっちはお陀仏だ。あんたが出張りゃ、どれ程のことでもねえんだろうによ」
「当然だ。我が子の我がままくらい、押さえられなくてどうする」
「だから、そいつは、あんただからこそ・・・・・・・・、って話だろ。あのじゃじゃ馬さえ確保しておきゃ、それで済んだ話だろうによ。それをわざわざ、あんな大ごとにしやがって。降ってわいたあの騒ぎで、どれだけ死人が出たと思う。あのでかい図体で、今ごろ反抗期でもあるめえによ」
「反抗期、ね」
 何事か思い出したようで、くすり、と"代理"は相好を崩す。「それを言うなら、ガキの頃から、ずっとだな。むしろ、俺に一度でも、笑ったことなんてあったかな。母親のスカートにへばり付いて、少しでも近寄ると睨むんだ」
「どうしても、やる気かよ」
 どうにも気乗りのしない様子で、"口ひげ"は顔をしかめた。
「今さら言うまでもないことだが、あんたの倅は手強いぜ」
「だからこそ、お前に頼んでいる。その素晴らしい腕を見こんで。"依頼の品が、この世に在るなら──"」
 称えるようにグラスをあげ、"代理"は薄っすら微笑んだ。
「"なんであろうが、調達してみせる"んだろう?」
 
 

( 前頁 / TOP / 次頁 )  web拍手


オリジナル小説サイト 《 極楽鳥の夢 》