CROSS ROAD ディール急襲 第2部 2章 6話1
(  前頁 /  TOP /  次頁  )


 
 
 レグルス、アルバス、ファングラー──内海を取り巻く三大陸の名だ。常時渦巻く激流の内海を中心に、それを懐に囲うようにして、この世界の大陸は存在している。
 大陸は広い。世界は広い。この大地、元より枷などないのだから、何処に住みつこうが同じこと。この身一つで生まれ出たからには、この身一つで去るまでだ。生来、細かいことには拘らない質なのだ。そして、面倒事は極力遠慮したい方でもある。一度寝転がったら、縦の物を横にもしない。――これ、生活の基本である。それで部下どもから、邪魔だと嫌味を言われることもある。なのに、あの連中ときたら──
 何やら、妙にマメマメしい。今も頭をくっ付け合って、コソコソヒソヒソ相談している。よく見りゃ、みんな似た面だ。──というより、似過ぎてる。
「……三つ子、か?」
 その事実に、ようやく気づく。そう、あの色男が連れてきた件の三人の部下どものことだ。こざっぱりと整えた癖のない栗色の髪、クリクリ動く大きな目。女どもが「可愛い!」と奇声を上げて絶賛しそうな、まだ何処か少年の繊細さが抜け切らぬ素直な顔立ち──
 連中は、実にそっくりだった。元々役人なんてものは、役目上、個性を殺しているせいなのか、よっぽど変わった奴でもなけりゃ、似たりよったりの顔に見えるもんだが、連中の場合もその例に漏れず、まずは"官吏"というカテゴリーで大雑把に一括しちまったせいなのか、まるで気づきもしなかった (=つまり、雑魚には全く興味がなかった)。
 連中の一人を特定する必要があれば、それぞれの異なる服色で──そう、青い奴、赤い奴、緑の奴とでも呼んでおけば、事足りる。それにしても、見れば見るほど、良く似てる。
 連中は、若い。精々やっと、十六、七 ってところか。
 長い脚を交互に出して、さっさと歩く長身の色男の後ろで、小柄な連中の体が三つ、上司の顔色窺いながら、コチャコチャコチャコチャくっ付いて歩く。連中なりに懸命なんだろうが、端で見ていりゃ、何やら妙に滑稽だ。豆粒か何かが転げてるようで、その動きたるや、もう見るからに忙しないのだ。
 漏れ聞こえてきた会話から察するに、連中の名前は、前から順に、ロルフ、オットー、カルル。──だが、連中が同行した三日というもの、あの三人組を名前や役職名で呼んでやる者は、とうとう只の一人も現れなかった。皆、十派一絡げにして、こう呼んだからだ。(みそっかすの)"ラルッカ隊"と。
 冠に戴いた"ラルッカ"ってぇのは、あの"司令官"殿のファースト・ネーム。もっとも、あれは由緒正しきロワイエ家の奴なんだから、本当ならば、ここは "ロワイエ隊"とでも命名して然るべきところなんだろうが、しかし如何せん、あだ名なんてものは、ゴロが良いのが身上だ。──と、それはそうと、"あれ"は気のせいなんだろうか? 何処へ移動しても、同じ服が、いつも、全く同じ位置にあるように思うのは。
 そう、どうやら、連中の立ち位置は、譲れぬ掟か何かのように、キッチリ決まっているらしいのだ。
「──は。あれが "司令塔"ってわけか」
 そういや、いつも決まって、あの"緑"からアクションが始まる。どれもこれも似たような面だが、よおく見てると微妙に違う。
 緑の服の、あのキリッとした面構えがロルフ──多分、あれがリーダー格だ。そして、隣にいる青服──利(き)かなそうな面構えがオットー。いつもビリッケツにくっついている気の弱そうな赤服がカルル。
 
 
 
「──そういや何処へ行ったかな」
 あいつ、、、は。
 ふと、それを思い出した。
 後始末でざわめく人込みの中、見栄えのするアレの姿を、何とはなしに捜して歩く。だが、何処にいるのか、見当たらない。
 部下どもから、ものの見事に総スカンを食って、そろそろ実感している頃合いだろう。てめえの器の大きさって奴を。今まで味わったことのない無力さって奴を。
 開戦前のやり取りが、嫌な感じに引っ掛かっていた。戦の方も一区切りつき、ようやく一息ついたことで、投げつけちまった辛辣な言葉が、虚を衝かれて凍りついたあの顔が、平静を取り戻し始めた冷めた脳裏に蘇る。もちろん、あの尊大な態度が気に食わなかったのは確かだが、こっちだって何も、殊更に貶めようとの意図あってのことじゃない。ただ、あの時は、あの男の矜持にまで、のんびり構ってやってる余裕がなかったのだ。
 目的の人物は、一人木陰に座り込み、分厚い黒革の手帳を開いていた。それにしても、熱心な奴だな。こんな所に来てまで仕事かよ。
 スケジュールでも見ているんだろうか。少し離れた木立に佇み、しばらく様子を見ていれば、案の定、一頁たりともめくらない。しかめっ面の目頭を、疲れたように指で揉み、溜息なんかついている。
 ──て、バレバレだろうが、お前。やっぱり、仕事の方はポーズだな。
「……惨めだな、"指令官"殿?」
 本人には聞こえないよう、一人密かに慰謝を送る。
 しかし、隊を束ねて率いる奴には、それなりの器量ってもんが要る。生まれも金も関係ねえ。努力で埋まるもんでもねえ。必要なのは、そいつの持ってる気迫と胆力──言わば、覇気だ。そもそも、ここは、腕っ節にのっとる上下社会だ。ポッと出の場違い野郎が、権威や理屈を振り回し、声を嗄らして命じたところで、周りの奴らは言うことなんか聞きやしねえ。自力で立ち位置を確保出来ない奴になど見向きもしねえし、従いもしねえ。それで本来、当たり前って話だ。
 仕事場は戦場、賭けるものは、ぶっちゃけ"命"だ。それぞれ一人に一つずつ、たった一つしかない大切なものだ。そんなものを、その程度でしかないチンケな野郎に、無償で預けてやれるほど、人は寛容には出来ちゃいない。だが、それはそれとして、さすがに気落ちしちまったみたいだな。
 さぞや重たいだろう心中を察して、肩をすくめた。ま、萎れちまっても無理ねえか。ああした恵まれた生まれの奴には、この手の挫折は、滅多にない体験だろうから。
 様子見していた木の裏から歩み出て、俯いて座り込んでいる色男に近寄る。
「──そう、へこむなよ、しれーかん殿」
 頭上から静かに声を掛ければ、苦い顔で俯いていた色男が、ふと気付いた様子で身じろいだ。
 ゆっくりと顔を上げ、こっちを仰ぐ。柳眉をひそめた不審そうな顔。警戒しているのがありありと分かる。だが、話し掛けられた意図を図りかねているのか、口を開くでもなく無言のままだ。
 お前、そんなに嫌そうな顔しなくたって、いいじゃねえかよ……
 顕著な拒絶反応に、思わず苦笑いした。傍に寄られただけで不愉快か──
「あんたなら、《 遊民 》風情、動かせなくても、そんなもの屁でもねえだろう」
 懐に嗜好品を探りつつ、ついつい皮肉を放り投げた。但し、加減は心得ている。これ以上、神経を逆撫でしたりしないよう、そつなく、平和に、淡々と。
 勝手に点火し、紫煙を吐いた。コイツにも勧めてやろうという気は起こらない。
 色男は、不快そうに目を逸らした。何を考えているんだか、それきり、じっと動かない。一服、大きく紫煙を吐き出し、(まったく、女にモテそうな面だよなコイツ……)なんて関係ないことをやっかみ混じりに思いながら、何処かやつれたような横顔を眺め下ろした。
 傷一つない、端整な面だ。仕立ての良い服、品の良さを窺わせる"如何にも"な外見。今まで、大勢の他人に傅(かしず)かれ、チヤホヤされてきたんだろう。そうやって自他共に高く積み上げてきた気位を、事もあろうに《 遊民 》風情にへし折られりゃ、さぞや気分が悪いだろう。
 だが、てめえの思い通りにならないものも、この世の中には在るって事実ことを、コイツは、この際、知るべきだ。
 色男が、分厚い手帳をパタンと閉じた。大儀そうに膝に手を置き、やおらスックと立ち上がる。
「ああ、悪りぃな。いや、別に、あんたの邪魔するつもりで来た訳じゃ──」
 言葉半ばで、色男が向き直った。飛んできたのは、冷たい一瞥。
 ──お? やる気かコイツ?
 心中、密かに身構える。
 だが、その口から出てきた言葉は、全く予期せぬものだった。
「感謝する」
「──あ?」
 突然のことで、面食らう。
 視線を全く逸らすことなく、色男は、落ち着いた口調で、静かに続けた。
「君達の助力に、感謝する。部下が無事だったのは、君達のお陰だ。色々と厄介をかけたな。礼を言う」
「……」
 
 ……なんだ。
 
 脅かすなよ、この野郎。
 てっきり突っ掛かってくるもんだとばかり思ったから、ちょっぴり交戦モードで身構えちまったじゃねえかよ。
 まさか、この野郎の口から、そんな殊勝な言葉が出てくるとは思いもしなかったもんだから、とっさにマトモな返事とて出て来ない。にしたって "君達" ときたか……
「……えーと……なんだ、その……」
 だが、言い返そうにも、今の "君達" に見合う高級な、、、単語が見つからない。
 結果、無様に固まった。そういうスカした言葉は聞き慣れないから、頭が受入拒否でも起こしちまってるらしい。まったく、変なところで妙なダメージを与える奴だ。
「あ、ああ。別にいいってことよ。気にすんなよ。あんたらの方はツイデだツイデ」
 にしたって、いきなり、正面切って、そんな真面目な面をする奴があるかよ。お陰で、折角火ィ点けた煙草まで、慌てて靴で踏んづけちまったじゃねえかよ。
「──いや、だからな、俺はただ、あんまり気にするなと、こう言いに来た訳でだな。礼なんか強要するつもりは、これっぱかしも……」
 何でもいいから気の利いた台詞を返してやろうと言葉を連ね、しかし、言えば言うほどドツボに嵌り、しどろもどろで、つっかえる。存外に静かな瞳とかち合って、とっさに視線を他所に逸らした。時間稼ぎに、懐の嗜好品をバタバタ探る。
「──お、お前も、やるかっ?」
 ああ、間がもたねえ……
 しかし、こっちは奮闘努力中だってのに、テキは終始無言のままだ。何やら冷めた視線を感じるような──?
 ふっと、風が動いた。
「──え?──て、あ、おい──!?」
 ふと、そっちを振り向けば、色男が分厚い手帳を小脇に抱え、踵を返したところだった。
 素っ気ない足取りで、さっさと向こうへ歩いて行く。となれば、必然的に一人ポツネンと取り残されたコチトラは──
 ハッと気付いて、速攻、左右をブンブン見回す。
 
 ……よし。
 幸い、誰にも見られてねえ──!
 
 密かに胸をドキドキさせつつ、周囲の無人をバッチリ確認。ほっと脱力、目を戻す。
「"礼を言う" ねえ……」
 色男に言われた 過分な謝辞を持て余し、口の中でシゲシゲと復唱する。
 言葉自体はありきたりだが、それは単なる決り文句などではない。大仰な飾りもない、真しやかな抑揚もない、いっそ、ぶっきらぼうなまでの最小限の言葉──だが、巧言でも社交辞令でもなく、真っ向から言い伝える"真の"ものだからこそ、嘲笑って聞き流すことが出来ないのだ。そこに込められた真摯さを、受け止めざるを得ないのだ。
 呆然と突っ立ったまま、去り行くその背を、しばし見送る。スラリとした品の良い後ろ姿は、振り向きもしない。まったく、愛想の欠片もありゃしねえ……
 ふと我に返り、上着の懐を改めて探った。煙草を銜え、苦笑いで点火する。
「にしたって、そういうツレない態度があるかよ。折角、慰問に来てやったのに」
 スカシやがって、あの野郎。マジ気に食わねえ野郎だぜ。まあ、それでも──
 確かに、あいつは高慢ちきで、生まれながらの資産家で、女にモテそうな色男で、他人を見下した金持ちで、つまるところ、こっちが持ってねえもん全部、須らく持ってる鼻持ちならねえ野郎だが、その辺りのこと、、、、、、、についちゃ、意外にも弁えているらしい。そう、相手がなんであろうが、関係ない。物事には、通さにゃならねえ筋目がある、ということを。
 それにしたって、礼を言う時まで尊大な奴だな。感謝する気があるんなら、頭くらいは下げるもんじゃないのか普通。もっとも、アレはアレで、あいつらしいか。──いや、むしろ頭なんか下げられた日には、薄気味悪くてしょうがねえ。あいつの旋毛(つむじ)なんぞは見たくもねえし。
 そう、気位の高い官吏様には、あれでも精一杯の譲歩だろう。あれはあれなりに、筋を通してみせたのだ。肚ん中じゃ見下しているんだろう《 遊民 》風情を相手にして。
「"君達" ねえ……」
 青空に散る紫煙を眺めて、自然と頬が綻んだ。
 嫌な野郎の筈なのに、気分が清々するのは何故だろう。それにしたって、あの野郎──
 ああ、それにしたって、背筋をピンと伸ばしたままで、踏ん反り返って礼を言う奴ってえのは初めて見た。
 
 
 
【 萌 芽 】
 
 
 
「──やっぱり、か」
 人目につかぬ薄暗い雑木林の中。足元には、口を塞ぎ、手足を縛り上げた軍服どもが、ゴロゴロと五十ばかり転がっている。そして、あちらこちらに立っているのは、怪訝な顔で首を捻るこっちの部下ども。
「何度数えても合いませんね」
 確認作業に手間取って、予定外の足止めを食らっていた。
 本来ならば、いつまでも現場に留まっているのは得策じゃない。こっちとしても、さっさとズラカリたいのは山々なんだが、今の戦で捕らえた数が、前もって確認しておいた兵士の数に、何度数えても、三人ばかり足りないのだ。
「いったい、どういうことなんだ。まだ何処かに残っている奴がいるのか」
「──いえ、そんなことは、ありませんよ。向こうは後片付けに入ってますし」
「なら、ここに居るので、やっぱり全部ってことだよな……」
「ネズミでしょ」
 よお〜く知ってる声がした。
 素っ気なく断言され、溜息混じりに振り向けば、そこにいたのは案の定──
「……ザイ」
 やっぱ、コイツか。
 ガックリと項垂れる。なんか苦手だ、この男……
 だが、向こうはそうでもないらしい。平気で話に割り込んでくるし。
 地面に転がる捕虜どもの間を、ブラブラとした足取りで歩きながら、あのザイが、捕虜を見下ろし検分していた。内心げんなりしつつも、さっきのザイの言葉に応じる。
「ここはカレリアだぜ。ネズミなんか出るもんかよ。本隊だって、ここにはねえし」
「いや、ネズミですって」
「軍服着てたぜ。全部が全部だ。あれに紛い物が混じっていたとは、俺には、とうてい思えねえな」
 ザイは軽く肩をすくめた。
「その気になりゃあ、幾らだって用意出来るでしょ、服なんかは」
「軍服の管理は厳しいぜ。いくら平和なカレリアだって、そこんところは一緒だろ。そんな物が簡単に手に入っちまうようじゃ、このカレリアも終いだぜ」
 "軍服"は権威の象徴。悪用するに当っての、利用価値と威力は計り知れない。
「なら、内部に手引きした奴がいた、、、、、、、、、、とかね」
 ザイは、素っ気なく憶測をほうる。
「……ザイ、お前なあ」
 少し呆れて見返した。突拍子もない戯言だ。
「根拠あっての話かよ。いい加減なこと言ってんじゃねえ。逃げた奴が本隊に垂れ込んじまったら、こっちは、それで終りじゃねえかよ」
「雑木林から先は、通してませんよ」
「……あ?」
 捕虜から目を上げ、ザイが真っ直ぐこっちを見た。
「西はこっちで見てました。だが、抜けた奴は一人もいない。そっちも抜かりはないんでしょ」
「たりめえだろ。東と南に配した見張りは、ピクリとも動きやしなかったぜ」
「なのに、いない。なら、北っスかね」
 北?──あの断崖絶壁を降り下り、まんまと逃げ果せた、ということか。しかし、足を滑らせれば一巻の終りだ。落ちた奴はことごとく、鮫どもの餌食になっちまう。切り立った崖は荒波で洗われ、濡れてぬめった足場は最悪、その上、たちまち体が持っていかれちまいそうな弄るような強風が、常時絶え間なく吹き付ける。絶壁の岩場にへばり付き、長距離にわたって移動する? そんなことが可能だろうか──。
「逃げるなら、そこしか手はありませんよ」
 こっちの検討をあっさり遮り、ザイは又も、素っ気なく断じる。
「断崖降下に踏み切るとなりゃあ、下準備が必要でしょう。命綱にするザイルだとか杭だとか。あんな危ない場所を、素手で降りようとする馬鹿はいない。しかし、ただの哨戒風情が、そんな特殊な道具を持ち歩いているとは、俺には、どうしても思えないんスよねえ。それに、さっきから見てるんスけど──」
 ぶっきらぼうに首を巡らし、ザイは下草に転がった五十の捕虜を見渡した。
「俺が斬った軍服が、いない。ここんトコ斬っておいたんスよねえ、目印に、、、
 チラとこっちに目を返し、自分の肘を、人差し指でスッと引く。
「まあ、そんなに心配なら、指揮官吊るし上げて訊いてみちゃどうです。そいつが一番手っ取り早いんじゃねースかね」
 しかし、言われた通りに訊いてみりゃ、
「こ、ここに居るので全員だっ!」
「……む」
 とっ捕まえたチェザーレとかいう髭も頭もクルクルパーマの武官の野郎も、情けない裏声で叫び返しやがった。
「──ね?」とザイが、かったるそうに、こっちを見る。「それに見たでしょ、班長サンも」
 背けた肩越しに追加した。
「ありゃあ、堅気の動きじゃないっスよ」
 
 
 
 
 

( 前頁 / TOP / 次頁 ) web拍手


オリジナル小説サイト 《 極楽鳥の夢 》