翠光が、まばゆくほとばしった。
 それ・・が羽ばたき、たち現れる。
 
 輪郭だけの光彩が、木漏れ日の中にたたずんでいた。
 白い装束の袖が舞い、風もないのに髪がゆらめく。
 
「久しぶりー。月読」
 あぐらで夏草に座したまま、ウォードはそれに微笑んだ。
 夏草に埋もれた膝先には、今まさに・・・・背を斬られ・・・・・、息もたえだえの黒い髪。
 淡い緑のゆらぎの中、それ・・の桜色の唇は、うっすら微笑をたたえている。
「それで、あんたは、どの・・月読―?」
 彼女の白い装束が、あるかなきかの風になびく。
 大気にゆらめく光彩は、少し首をかしげたろうか。
 
「オレ、頼みたいことがあるんだけどー」  
 
 沼が緑をきらめかせ、時おり小さく波紋を作った。
 
 夏日が静かに射していた。
 木々はのびやかに枝葉を伸ばし、夏空は青く澄んでいる。
 風が往き、雲が流れた。
 ウォードの頬に、涙が伝う。
 
 桜色の唇がひらいた。
 
 
《 時は来たれり 》
 
 
 

( 前頁 / TOP / 2章TOP / 次頁 )  web拍手
 


オリジナル小説サイト 《 極楽鳥の夢 》