【ディール急襲】 第3部2章

CROSS ROAD ディール急襲 第3部2章69
( 前頁 / TOP / 次頁 )


 
 

「──さげていい?」
 はっと声を振り向けば、怒鳴られて店から飛び出してきた、茶髪の店員の一人だった。
 いつから、そこにいたのだろう。目線で示した先にあるのは、白い卓布のかかった天板──いや、隅に積まれた汚れた皿。あわててエレーンはうなずいた。
「あっ、はい。どうぞ」
 丸い盆を卓に置き、かったるそうにかがんだ拍子に、銀のチェーンが胸元で揺れた。
 絵柄のない丸首のシャツ、生地の色は黒っぽい赤、そう、あれは臙脂えんじ色。卓の隅に寄せた皿を、長い指で片づけていく。
 節くれだった左の手首に、ゆるい銀のブレスレット。女性にもてそうな端正な顔に、お洒落な感じの無精ひげ。茶髪をうなじで一つにくくり、こざっぱりと垢抜けて──
 あれ? とエレーンは見直した。
 かがんだ腰で、何かが揺れた。クールな装いとは不似合いな、武骨で分厚い──革紐の先にぶら下げた、見るからに使いこんだ、
 ……革手袋?
「なに。置いてけぼり?」
「──えっ?」
 ギクリと尻から目をそむけ、わたわた茶髪に目を向ける。「あ、えっと……すぐに戻るって、言ってたんだけど……」
 彼が言うのはあの連れの、ダナンとジョエルのことだろう。そういえば、まだ戻らない。席を立って、ずいぶん経つのに。
 卓から椀を取りあげて、ちら、と茶髪が横目で見やった。「まずかった?」
 ぽかんとエレーンは見返した。なんのことか、と首をかしげる。
 はたと、その意味に気がついた。
「あっ、ううん! そうじゃなくって!」
 茶髪に向かって、あわてて手を振る。「ごめんなさい。今、あんまり食欲なくて──あ、この辺、すごく暑いから」
 椀の中には、半分も残した冷めた粥。
 ふうん、と茶髪はどうでもよさげに、卓から空き瓶を取りあげた。
 無造作にねじった紙の袋を、片づけた皿の上に放り投げる。あれは──
「すっ、すみません……」
 小声でエレーンは首をすくめ、気まずい思いで小さくなった。ジョエルがここで食べていた、パンの包みの残骸だ。
 そっけない茶髪の横顔を、上目づかいで、あのぉ、とうかがう。「あの、やっぱ駄目ですよね? よそのお店からの持ちこみとかは。それに、失礼な口まできいて」
 卓をいていた手を止めて、ふと、茶髪が一瞥をくれた。
 かがんだシャツの背を起こし、腰でしめた黒い前かけの片足に、体重を預けて向きなおる。
 怪訝そうな目に気圧されて、エレーンはしどもど手のひらを握る。
「あの、ごめんなさい。連れが偉そうに怒鳴ったりして。──でも、悪気はないんです。あの子、なんていうか不愛想で、つっけんどんなところがあって、急に鳥が降りてきたから、それできっと、びっくりしちゃって──そんなに悪い子じゃないんだけど……」
 くっ、と茶髪が、顔をゆがめてふき出した。
 握った手を口にあて、クスクスおかしそうに苦笑わらっている。
「こりゃ、さしもの発破師も形なしだな……」
 ぱちくりエレーンはまたたいた。
 イケてる茶髪は、目じりの涙を指先でぬぐう。「あの物騒な連中を、悪ガキ扱いするとはね。いや、あんた、いい度胸してるわ」
 卓から盆を取りあげて、クスクス笑いを噛みしめながら、店の中へ戻っていく。
 気だるげにカウンターにもたれていた、仲間二人の元に戻り、何やら笑って話している。
 茶髪あたま一同が、ちら、と一斉に目を向けた。
 今の臙脂えんじのシャツと同様、濃紺のシャツと黒シャツが、ふき出した様子で、それぞれ身じろぐ。
「……な、なに?」
 予期せぬ事態が発生し、眉根を寄せてエレーンは固まる。どうも彼らに笑われたようだが、そんなにウケるようなことを言っただろうか。きちんと正しく謝っただけだが。てか "ハッパシ"ってなに。
 訳がわからず悶々と、首をひねって頬を掻いていると、さっきの茶髪が戻ってきた。臙脂えんじのシャツの店員だ。
 片手で持った盆の上から、ことり、とカップを卓におく。赤銅しゃくどう色の金属の。
 そして、ことり、ともう一つ、ガラスの足つきコンポート。涼しげな器に盛られているのは、茶色いカラメルのかがやくプリン?
「食後のデザート」
 あわてて茶髪を振り仰いだ。「あのっ、あたし頼んでな──」
「いいよ、サービス」
 笑って、茶髪は片目をつぶる。
「栄養あるから食っときな。あれっぱかしじゃ、すぐにバテるぜ。──いや、久々にスカッとしたからさ。あんたみたいな女の子が、連中を一喝するってんだから」
「……れんちゅう?」
 はた、と気づいて見返した。
「ダナンたちのこと、知ってるの?」
「日に三度は顔出すからな」
「さん、ど──!?」
 予期せぬ頻度に、あぜんと絶句。つまり、それって朝昼晩? いや、でも、それは最低回数ってことだから──ってことは、もしや、まさかの、
 行きつけ、か!?  
 かるく動揺をきたした脳裏で、連れの様子を急きょ再現。いや、そういう事情であるならば、かの脱色頭の態度について、いささか気になることがある。
 おそるおそる、うかがった。「あの、もしかして……いつも、あんな偉そうに?」
「あの人たちって、横柄っていうかさ」
 昼のいだ通りを見やって、茶髪は溜息まじりに頭をかいた。「いつも強引なんだよな」
(……わかります〜!) と内心で手を組み、エレーンはコクコク激しく同意。問答無用で二階の窓から、ほっぽり投げてくれちゃうし。
 内緒話をするように、垢ぬけた茶髪が背をかがめた。
「あんた、すごいね」
 意味がわからず見かえすと、立てた親指で空をさす。「さっきの鳥」
「──ああ。さっき、ここへ来た、」
 クロウの青鳥、ジゼルのことだ。あの時は脱色頭の、今にもぶった斬りそうな勢いに焦って、あわてて言い包めて帰したが。
 いかにも「聞いてます〜」という顔つきで雁首ならべた三羽の顔が、つらつら脳裏に思い浮かぶ。
 今の褒め言葉・・・・の意味に気がついた。
「へ、変よね。鳥と、喋るとか……」
 冷や汗たらたら、引きつり笑い。はたから見れば、さぞや異様だったろう。刷り込みで育てる青鳥は、人との関係が特別に密だが、事情を知る連れでさえ、戸惑った顔をしていたし。
 ──つまりは、完璧に怪しい奴じゃ?
 指をいじくり、せめて抗弁。「あっ、あのぉ〜、でも、なんていうか──あの子たちの言いたいことが、なんとなく、わかるっていうか」
「うん。わかるよ、言ってることは」
 ぽかん、とイケてる茶髪を見た。「……ヘ?」
「俺も飼ってる」
 三羽が飛び去った空のかなたに、茶髪は視線をめぐらせる。
 ガリガリ片手で頭をかいた。「ああ上手くはいかないけどな。あいつらにだって、意思がある。好きな餌なら喜んで笑うし、理不尽に叱れば、嫌そうな顔をして抗議もする。──いや、あんたのおかげで潰されずに・・・・・済んだよ」
「……。は、はあ」
 あいまいに笑って、エレーンはうなずく。まったく人は見かけによらない。こんなにイケてる兄ちゃんなのに、そんなに鳥が大好きか? 他人の鳥のことで礼を言うほど?
 茶髪が卓から背を起こし、片づけた盆をとりあげた。
「ま、ゆっくり、していって」
 はたと、エレーンは我に返る。「──す、すみません、長居して。連れが、まだ戻らなくって」
「好きなだけ、いていいよ。どうせ宵まで、客なんかねえから」
 じゃあね、と鳥が大好きな茶髪は、気負いない足取りで戻っていく。相変わらず気だるげに、カウンターでたむろす二人の茶髪も、どことなく和やかな雰囲気だ。
 大きなパラソルの日よけの下、白い卓布の天板の上には、汗をかいた赤銅のカップと、ガラスの器に盛られたプリン──。
 カラメルの上にのっていた、かわいいサクランボをとりあげた。
 それを口へと放りこみ、ぷらぷら揺らして軸で遊ぶ。
「……どうなってんの?」
 彼らの機嫌が良くなった。なぜだか急に、格段に
 ダナンと店に入った時には、あんなに不愛想だったのに。卓には、サービスで出してくれた、クリームたっぷりのかわいいプリンと、しずくのついた赤銅のカップ。
 まだ、食欲はないのだが、あの茶髪のせっかくの好意だ。ひんやり冷たいカップを取りあげ、なんの気なしに、コク、と一口。
 二度見で、中を覗きこんだ。
「……あまい」
 一転コクコク、両手で持って、夢中で飲む。
 甘くて、おいしい。冷たくて、ミルクがたっぷり入った──これは、そう、珈琲牛乳? 何も喉を通らないと思っていたのに。
 プリンをかきこみ、ごくごく飲んで、人心地ついて気がついた。
 喉が渇いていたことに。彼女と対峙し、ずっと緊張していたことに。──そうか、と今になって気がついた。これらを作って持ってきてくれた、あの茶髪の気遣いに。
 通りに面した店の扉は、すべて端まで開け放ってある。
 いくら奥のカウンターにいても、見えていないはずがなかった。「ケネルの彼女」に、一方的になじられた様が。
 だが、彼女については一言も、話題にのぼることはなかった。あえて・・・茶髪が触れなかったから。責められてばかりいて、言い返すことさえできなくて、さぞ、みじめな女に見えたろうに──。
 よぎった記憶に胸が痛んで、カップを力なく卓に戻した。
 一気にあらかた飲み干した底で、わずかに残った液体が揺れる。彼女が浴びせた厳しい言葉が、責めるような視線がよみがえる。
 溜息まじりにうなだれた。「なんで、あたしが、ケネルを振ったことになってんのよ……」
 確かに、ケネルとは会えなかった。
 迎えにくる、と約束した、診療所の、あの朝に。
 でも、どうすることも、できなかったのだ。急に病室に閉じこめられて、ノッポくんが逃がしてくれて、朝まで留まれる状態じゃなかった。そもそも、まだ、一緒に「行く」とも「行かない」とも言ってない。まだ、何も答えてない。けれど、ケネルは、あの朝の不在を、こちらの拒絶と受けとった。そして──
 強い瞳でこちらを見据えた、去り際の彼女が頭をよぎった。
 思わず、眉をしかめて目を伏せる。
 いぶかしい思いで、首をかしげた。
 ……なんだろう。しっくりこない。
 これから所帯を持つというのに、彼女はちっとも、幸せそうには見えなかったのだ。長らく想いを寄せた相手と、一緒になれるはずなのに。
 伝わったのは、むしろ苛立ち。せっつくような、責めるような、それでいて、すがられているような──。なぜ、あんなにも必死になって。
 彼女が話しにきた目的は、牽制のためというよりむしろ、商都に戻るよう・・・・・・・促すことにあるように思えた。自分の彼の、ケネルと一緒に・・・・・・・
 そう、それこそが釈然としない。自分の彼を他の女に、なぜ、わざわざ近づけるような真似を? しかも、実は勘違いとはいえ、自分の彼を振った女に。もしや、それは、ケネルの目的を叶えるため? つまりは「味方をする」ために? 
「……なんて、いうのか」
 夏の陽射しに温められた白い卓布に肘をつき、眉をしかめて額を揉む。自分が彼女の立場なら、いい気はしないに決まっている。
 思っていたのとは、何か違った。
 通りに現れた彼女を見た時、てっきりこちらを排除しに来たと思ったのに。
 彼女の言葉の端々に、すっきりしない淀みがある。こちらを牽制しながらも、ケネルと共に立ち去らせようとしている、そんなふうに見えるのだ。それに、初対面の相手というのに、あんなにも立ち入った身の上話。なぜ、彼女はそんなにも「この国に生まれたかった」のか。──ああ、まったく、わからないことだらけだ。
 けれど、あの表情かお、あの視線。これだけは、はっきりしている。彼女はケネルを、
 愛している──。
 だから、何も言えなかった。
 
 利き手で他方の手をくるみ、口元にあてがったこぶしの中に、ぎゅっと思わず力がこもる。
 さわり、とどこかで風が立つ。
 向かいからの砂風に、目をつぶって顔をそむけた。とっさに伏せた視線のその先、天板の下で、風が騒ぐ。
 視界を掠めた、その光景をいぶかしみ、腰を浮かせて椅子を引いた。
 そっと天板の卓布をめくり、歩道の上で三方に分かれた、黒鉄の支柱の台座を覗く。歩道のせた石畳で、さわり──と引っ張られる・・・・・・ようにして・・・・・集まった砂が、奇妙な動きを見せたのだ。ふわりと浮いて、一瞬停まり、すぐに逆流したような。
 砂はさらさら、小さく渦を巻いている。
 とん、と"黒"が、足元から卓に飛び乗った。  
 驚いて卓に目をやれば、目の前で顔を見あげているのは、か細い前脚を行儀よくそろえた──
「……猫?」
 あぜんと両手で、毛皮の両脇を抱きあげた。
 黒い仔猫は逃げようともせず、大人しく身を委ねている。まだ生まれて間もないのか、手のひらに乗るほどの小ささだ。毛皮の砂を軽く払って、懐にかかえて頭をなでる。「──よしよし、いい子ね。どこの子かな〜?」
 もろさを感じる軽い体。
 それでも生きている健気けなげな体温。薄く柔らかい毛皮の向こうに、仔猫の華奢な骨格を感じる。砂にまみれて痩せこけた感じは、親とはぐれた野良だろうか。
「……そっか。もしかして、おなかすいてる?」
 仔猫の事情に気がついて、小さなその顔を覗きこむ。日々の空腹に耐えかねて、それで卓まで登ってきたのか?
 思わず、猫と見つめ合った。空腹の辛さはよくわかる。そりゃもう、とんでもない拷問だ。度重なる災難で、近ごろ特に身に染みてるし!
 何かないかと卓を探すが、あいにく皿は下げられたばかり。あるのは、半分手をつけた、カラメル・プリンのコンポート。
 かわいいガラスの器から、白いクリームを一すくい、ぽとん、と自分の手のひらに落とした。
 腕の仔猫の鼻先へ、手のクリームをもっていく。
 ふんふん仔猫は匂いを嗅いで、華奢な前足をふんばった。かかえた手から乗り出して、転げ落ちそうになりながら、ぺろぺろ懸命に舐めている。
「ごめんね。今、こんなのしかなくって」
 ざらつく舌がくすぐったい。
「これじゃ、お腹の足しにならないよね。なにか食べられそうなのがあれば、よかったのに。消化のいい……お粥とか」
 ……ああ、なんて皮肉なタイミング。
 返す返すも悔やまれる。あんなにたくさん残っていたのに。
 後ろ髪を引かれて店内を見れば、茶髪たちは相変わらず、カウンターの前でたむろしている。
 営業は夜が本番のようで、三人三様思い思いに暇を潰しているようだ。天板にうつむいた黒シャツは、気だるげな手つきで雑誌をめくり、隣の高椅子で臙脂えんじのシャツが、首からさげた鎖をいじり、カウンター手前の天板で片肘をついた濃紺シャツが、二人に話しかけている。暇そうに寛いだあの様子では、片付けものもすっかり済んで、さっきさげたあの粥も、もう捨ててしまったろう。
 椅子からそわそわ腰を浮かせて、首を伸ばして様子をうかがう。
「も、もう一品、頼んでもいいよね?」
 財政事情の逼迫ひっぱくする昨今、そんな余裕はどこにもないが、お財布係──もといダナンとジョエルも、そろそろ戻ってくるだろうし。
 仔猫が、いやに気にかかる。
 打ちのめされたばかりの心が過敏になっているのだろうか。か細い手足で頼られて、今は、どうしても見捨てられない。
(だって、この子、今食べられないと、死んじゃうかも……)
 だって、こんなに痩せこけている。体力だって、きっとない。こんなにか細い小さな体で、厳しい暑さに耐えられるだろうか。
 とはいえ、追加注文も気が引ける。あれだけ大量に残しておいて。──いや、鳥大好きな"えんじ"なら、残飯だとか切った肉の切れ端だとか調理場にある余りものを、もしかすると持ってきてくれる、かも?
「あ、あのぉ〜……」
 ぎこちなく笑って、もじもじ挙手し、そろり、と椅子から腰を浮かせる。まったく、なんて間の悪い──
 ぎくり、と肩が強ばった。
「……え?」
 頭で理解するより先に、体が勝手に反応した。
 体を駆けぬけた強いきしみが「何であるのか」の認識が、少し遅れてやってきた。
 息をつめ、意識を凝らす。
 すべての力が内へ集まっていくように、停止した全身が硬直する。
 疑いようもなく肌で感じる。
 その気配を追いかけて、全神経が集中していく。
 ぴん、と張りつめたこの気配・・・・。一方向に引かれるような、引っ張られるような・・・・・・・・・この感じ・・・・──
「ど、どうしたら……」
 近づいてくる。
 狼狽して、視線をめぐらす。どんどん、こっちに、
 ──やってくる・・・・・
 卓布をつかんで、とっさにめくり、天板の下に滑りこんだ。  
 卓布にかこまれた天板の下で、仔猫をかかえて息を殺す。身を固くした顔の横には、天板をささえる黒鉄の脚。しゃがみこんだ足元に、歩道のせた石畳。
(どうして、ここに……) 
 気持ちが乱れ 鼓動が速まる。
 間違いない、この感じ。
 路地をぬけ、街角を曲がり、この歩道の先に入った。そう、この店に・・・・向かっている。
 覚悟を決める暇もなく、どんどん、こちらに近づいてくる。あの気配が、
 ケネルの気配が。
 
 
 

( 前頁 / TOP / 次頁 )  web拍手
                       


オリジナル小説サイト 《 極楽鳥の夢 》