【ディール急襲】thanks-SS

番外編2 INDEX 190208 】 
 

ファレスのお留守番日記 3

 

 
 
「──また、それ・・か」
 丸く大きな月夜の窓辺で、色のはかまの膝をたて、月読はやれやれと顔をゆがめた。
「ほんにうるさいい奴よのう」
 心底うんざり嘆息する。
 げんなり見やったその前には、ぶすっと腕組む副長ファレス。
 
 やはり己の下僕に、とスカウトしに来たんである。
 ところが、毎回この調子。
 毎度毎度この話。連日連夜の夜這いの徒労。耳にタコができている。
 
 ぎろり、とファレスが寝不足らしき目をいた。
「教えろ。阿呆はどこにいる!」
「なぜ、それを我にく」
「どうせ知ってんだろ。てめえはよ」
「我の用向きは、そのような些末なことではない。やはり、お前を我が下僕に──」
「なあ〜にが "ケネルを迎えに" だ。なあにが "ちょっと行ってくる" だ! ちっとも戻ってこねえじゃねえかよっ!」
「かような者は捨て置けばよい。それより我のげぼ──」
「なあにが "開けたら絶交" だっ!!!」
 よほど "絶交" がこたえたらしい。しばらく、じぃ……っと、律儀に大人しく待っていたが。
「たく! ぜってーなんか知ってるくせに、統領の野郎、逃げやがってよっ!」
 ファレスは苦虫かみつぶす。
「一体全体どうなっていやがる。ハゲの野郎もキツネの野郎も、阿呆を "知らねえ" とか抜かしやがって」
 ふむ、と月読は思案した。
「ともすれば、ならし始めたのかもしれんな。アレの不在を、この地の大気が」
「たく! どこまで遊びに行きやがった。いつまでもぷらぷらしやがって!」
「ひとの話を聞け」
 ぎろり、とファレスが目を向けた。
「てめえになら、できるだろ月読。俺をそこへ連れていけ。あの阿呆の首根っこ、引っつかんで連れ戻してやるっ!」
 会話がまるでかみ合ってない、むしろ一切聞いてないファレスに、月読は色の目を向けた。
「ならば、お前に機会をやろう」
「本当だなっ!」
 がばっと、たちまち食いつくファレス。こういう言葉は聞こえるようだ。
「これでは話にも何もなりはせん。我としてもはなはだ迷惑」
 じっとり見入ったファレスの凝視に、顔をしかめて月読は片手を振る。
「我もそう無慈悲ではないわ。さっさと行って、連れ戻してくるがよかろう」
 
 
 だが、無慈悲ではなかったが、たいそう人が悪かった。
 
 
 
「あら、ここにいたの」

 光を抜けたその先で、笑顔で女に呼びかけられて、ファレスは怪訝に頭上を仰ぐ。
 組んだ両手を頬におき、女がはしゃいで小首をかしげた。
「つやっつやの黒い毛皮が、今日も素敵ね、バロン!」
 
「……バロン?」
 
 俺のことか? と眉根を寄せ、ふと、水たまりに映った己を見る。
 
「なんだ。これは」
 
 三角の耳と、張ったヒゲ。
 そして、つやっつやの黒い毛皮。
 
 
 猫、か?
 
 
 
 
 

 ( 前頁 / ディール急襲TOP / 次頁 ) web拍手
 


オリジナル小説サイト 《 極楽鳥の夢 》